一気に動いた!

2017-04-12
本日、かんき出版に行き、企画のプレゼンをしてきました。

編集担当の方は若い女性で、とてもやる気の感じられる話しやすい方でした。結果は、

「企画会議にかけたいと思います。特に問題が無ければぜひ出版したいと思います。」

ということでした。感触はかなりよいものでしたので、期待が膨らみます。結果は企画会議が終了したら、即日頂けるということでした。

これで、「瞬解」に続き、「中学三年分の理科が1冊でしっかりわかる本」の出版可能性が高まりました

ところが話はこれで終わりませんでした。かんき出版から帰ると一通のメールが。。。

何と、朝日学生新聞社からでした

内容は、

「出版化を検討したい」

ということでした。ただ、今年度の企画は埋まっているため、来年度の企画となり、企画会議も年末ごろになるということでした。

しかしそれは私にとっては願ったりかなったりでした。以前にもかきましたが、私は1年間に2冊の本作りが限界です。今年「瞬解」と企画が通ったら「中学三年分の理科が1冊でしっかりわかる本」、来年、企画が通ったら朝日学生新聞社の数学の本の作成と、上手く執筆活動を振り分けることができるのです。

正直怖いくらいに話が上手く進んでおります。

4月21日にかんき出版の企画会議がありますので、理科の最終結果はその後お伝えしたいと思います。

最近ブログが完全に出版の話に偏ってしまいましたが、高校入試に関する情報も入り次第、即日ご報告したいと思いますので、気長に見守っていただけたら幸いです。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)

スポンサーサイト

Trackback

Comment

いつもお疲れ様です!
長文になります。
おお!一気に話が進みましたね!瞬解の発売、とても楽しみです!自分は中学数学は塾技しかやらなかったんですが(今は高校生です)、高校数学の方が楽しいです笑 でも中学数学をやらなければルートの計算すらろくに分かっていなかったので感謝しております。ところで、高校入試ってどこも最後に一番難易度が高い図形の問題がありますよね?あれも一瞬で解けるのでしょうか?だとしたらチートですね笑(でもちょっと期待してしまったり)、、、と、話が逸れましたけど、失礼ながら、何故今さら「中学理科が1冊でわかる本」というありふれたタイトルの本を出そうとしているのですか(批判する気は毛頭ございません!純粋な疑問です)。先生は基本、裏技的な本を出すイメージがあったので、、、 よろしければご回答お願い致します。それでは失礼致します。
P.S 男子校なので若い女の子と話せる先生が羨ましいです笑
  • 2017-04-13│18:55 |
  • 中学数学より高校数学の方が好き URL│
  • [edit]
中学数学より高校数学の方が好き 様
楽しいコメントありがとう!

瞬解はよく出題されている入試問題の中にある一定の規則が存在していることに注目して作っています。
そのため、はまれば通常解くのに最低5分はかかる図形問題も、20秒もあれば解けます。
特に2次関数はいろいろな規則があって、作っていておもしろいです。
「中学理科が1冊でわかる本」ですが、これはすでに数学と英語がシリーズとして出版されていて、それに乗っかったという経緯があります。また、読者の対象も、現役中学生だけでなく、例えば公務員試験などでさっと理科を復習したいという大人も対象にしています。そのため、今までとは少し違った本となったわけです。
高校数学は中学数学よりずっと奥が深くて楽しいです。
ぜひ、極めて下さいね。

P.S 若い女の子といっても子供や孫みたいなものですよ(笑)
  • 2017-04-14│09:15 |
  • 数学研究所 URL│
  • [edit]
お返事ありがとうございます!
ごめんなさいまた長文です、、、(しかも前より数倍長いです)
なるほど、そういう事情でしたか。納得です。で、話は飛ぶんですけど、(日本語変ですかね?)高校数学って図形問題に証明多過ぎないですか?他の問題集には一切載ってないのに私がやっている問題集だけ証明ばかり、、、 まぁ公式の成り立ちをしっかり理解しておこうよという著者のメッセージだと思っておきます笑 三角形の2等文線の性質や円に線を引いたら等しくなる性質やメネラウスの定理の証明も出てきました!あれ高校分野だったんですね。まぁ余りに証明が多過ぎたので一旦飛ばして整数に移りましたが、結局合同式はよく分からないままでした、、、 あと、個人的に互除法は載せてほしかったです。(ごめんなさいわがままいって笑) 凄い便利でしたし(ボギャ貧)。でも瞬解に出てきちゃったりして笑 多分ないですね、あれ一瞬で答えを求められる方法でもないですし。話は変わりますが、確率も条件付き確率や反復試行などが出てきて楽しいです!独立と同時に〜するは読み違えたら間違えそうですね。(まぁ組み合わせと順列に比べ違いがはっきりしているので間違えたことはないのですが) あと、証明問題によくある、ある条件Aを示す時にまずBが正しいと仮定して議論していって、最後に矛盾を導きAが正しいことを示すっていう背理法も衝撃的でしたね、、、 考えた人捻くれてそう笑 で、ここからは物理の話になるんですが、これも面白いです!日常的に起こっていることを数式で表すんですね!覚える公式も少ないし(まぁその文1つ1つの公式をマスターする(どの問題でそれが使えて、どう成り立つのか。それは日常のどんな事象を表しているのかを完全に理解する)ことが難しそうですが、、、)、化学や数学より計算量少ないですし。化学は見事に大っ嫌いになりました!覚えること多過ぎです!計算量多過ぎです!物理より日常を感じられないですし、、、(言い方が曖昧でごめんなさい) って、なんか習ったことをだらだらと語ってしまいましたが、要するに「塾技で習ったものがいくつか出てきて面白かったです」ってことを言いたかっただけです笑 くだらないことに時間を割かせてしまってごめんなさい。瞬解の発売、楽しみにしてます!絶対真っ先に買いますから!頑張ってください!
PS 「中学理科が1冊で分かる本」が、「塾技理科」と「この1冊やれば大丈夫」という共通点を持っているので、内容がだだ被りしてマンネリ化しないか心配です、、、 まぁ無いと思いますが。
  • 2017-04-14│10:59 |
  • 中学数学より高校数学の方が好き URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

数学研究所

Author:数学研究所
「塾講師が公開!わかる中学数学」のサイト運営者。
受験生を第一志望合格へ導きます。

 <高校入試 塾技シリーズ>
   2011年10月1日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <中学入試 塾技シリーズ>
   2013年8月3日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入
  
   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック