真価が問われる場面

2016-12-27
人の真価はトラブル(失敗)が起きたときに問われるのではないでしょうか。

昨日、こんなことがありました。

ある大手Sデパートの地下に入っている魚屋さん直営のお寿司を買おうと選んでいると、4折あったうちの1つの折のいくらの上に、明らかに虫と思われる物が混入していました。

それを見て私は、お寿司を買う気がなくなりましたが、もしそれに気付かずに誰かが買ってしまったり、もし買った人が一時はやった画像つきのツイートを拡散したりし、店の人がつるし上げられたらかわいそうと思い、それを持って、魚が売っている売り場まで行き、店員さんへ伝えました。

するとすぐに若い店長が呼ばれ、「確認します」と店の奥に持っていきました。数分後、やってきて、「申し訳ありません。確かに何かついていたようです。」といい、残りの3つの折がある売り場へ行くと、それらを見渡し、「こちらは問題ないようですので、こちらをどうぞ。」とすすめられました。

私は内心「は??何言ってんのこいつ」と思いました。何かついているみたいとごまかしたこと、何より残りの3つの折を回収しなかったことに腹が立ったのです。

その後、店長は外にいた店員さんと一緒に再び店の奥に行き、何か2人で話していました。

こういう時の対応でその人の真価がわかりますよね。もし私なら「ご不快な思いをおかけし、誠に申し訳ございませんでした。残りの折も処分致します。」と言ったと思います。

ああいった対応をされると、私がいなくなった後、いくらの上の虫を取り除き、再び売り場に並べたのではないかとまで邪推してしまいます。

トラブルが発生したとき、何とかして隠そうとする隠ぺい体質の会社は世の中に多くありますよね。実は、私が以前、正社員として勤めていた会社は、正にその典型で、嫌気をさして、その会社を退職したということがありました。

そんな中、私が尊敬の念を抱いた会社の社長もいます。

昨年の出来事ですが、こんなことがありました。

ある大手の会社が運営している塾で、私がネットで公開している無料補充問題をそのまま教材として使い、その塾の生徒の親から私に「使用許可はしたのですか」といった問い合わせがあったのです。私は特に使用許可はしていませんでしたし、ホームページにも商業目的の使用は禁止する旨も書いています。

私はすぐにその大手の会社に連絡をしました。そのときの社長の対応は素晴らしいものでした

社長は、「明日、お時間取れませんか。お詫びに伺わせて下さい。」とすぐに電話をかけてきたのです。

その塾のある県から私のところまでは5時間はかかります。私は、お気持ちだけで結構ですと、丁重にお断りしました。そして社長に尊敬の念を抱いたのはその後の社長の行動です。この出来事を隠すどころか、私の教材を用いて行った講座を受講した生徒にその旨を伝え、全額返金をしたのです(推定、400万は返金したのではないでしょうか)。さらに私にも、高価なカタログギフトを送ってきました。

的確な決断力と迅速な行動力。本来であれば著作権侵害で私に訴えられてもおかしくない場面を、逆に信頼を得る機会に変えてしまったのです

さて、いよいよ受験が始まります。受験では、成功だけでなく多くの失敗も経験します。その時、どのように考えどのような行動をとるか。それにより、人としての成長が決まるのではないでしょうか。

受験生の皆さん。失敗大いに結構!恐れずチャレンジし、もし失敗したらそれを大きな糧にして前に進みましょう

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)
スポンサーサイト

出しそびれた手紙

2016-12-18
今回の記事は受験とは全く関係ありません。

私がもらってうれしいものに、生徒(卒業生)からの手紙があります。

今まで講師生活を20年間送ってきて、生徒からの手紙を何通か頂きました。

いやー、それはもううれしいものです。生徒からもらった手紙は今でも私の宝物です。そして、「みんな今はどんな職業に就いたのかな」などと考えたりします。

実は、今年の春先に、中3のとき半年間、Z会で教えていた生徒から手紙を頂きました。

その生徒は、めでたく今年の春、S大学を43倍もの関門を通り合格したとのことでした

手紙には、私が授業で話したいろいろな事や、私自身、「そんなことまで話したっけ?」といった事まで書いてくれていました。

私もその生徒のことはよく覚えており、手紙の封を開ける前に、名前を見てすぐ思い出しました。

すぐに返事の下書きを書いたのですが、そのときは塾技理科の中学入試版と高校入試版の原稿に追われ、さらには、妻の入院、双子の出産などあまりに多くのことが重なり、きちんとした手紙として返事を書けませんでした

そして、ようやく落ち着いたと思ったら、私自身体調を崩し、やっとまともに回復したと思ったら、時既に12月。。。結局、書いた下書きはそのまま頂いた手紙と共に保管しました。

春先から今まで、ずっと心のどこかに頂いた手紙のことがありました。今回、もしもこのブログを読むことがあったら、あなたのためだけに書きます。

お手紙ありがとう。もちろんしっかり覚えていますよ!これから大学で多くのことを学び、更なる大きな目標を達成してください。高校入試であなたが実際に示した通り、あきらめなければ必ず結果は伴います。あなたなら、絶対にできます!!

そして、例の件、当然、「受かる」でしたよ

これからも、できることなら卒業しても、生徒に思い出してもらえる先生でありたいものです。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)

最近の休日と睡眠についての考え方

2016-10-29
最近の休日は、次の日の授業に備えてひたすら眠る日々でした。

例えば、金曜日は休日ですが、先週は木曜の23時30分に帰宅後、翌金曜の1時30分には就寝。16時に起床(途中トイレに起きるので約14時間眠る)し、再び同日金曜の21時には就寝。翌土曜日の11時に起床、14時から授業といった具合でした。

そして話は少し飛びますが、保護者会の前日はたいてい就寝から2~3時間で目覚めてしまい、そのまま眠れなくなってしまいます。(緊張?)

いつもの習性というのは怖いもので、今回も例外ではありませんでした。。。

昨日(金曜)は23時に就寝。今日(土曜)は1時30分に目覚め、結局、眠れなくなってしまいました

では、ここでどう思うようにするか。

「寝不足でまともに授業もできなくなったらどうしよう・・・」

「時間がたっぷりある!授業のシュミレーションやたまっていた仕事ができるチャンス

気持ち次第でどういう1日となるかが決まります。

最近の私は後者。いわゆる“ポジティブシンキング”というやつですね。

なぜこんな記事を書いているかですが、もちろん、入試当日の心構えのためです。

もし入試当日に思うように眠れなかったら・・・

「寝不足で頭が働かない。せっかくの第一志望なのにどうしよう」と思うか、「この時間で何か知識のもれがないか入試前にチェックできるぞ!」と考えるかで、入試の結果はずいぶん違うものになるのではないでしょうか。

というわけで、今日は、塾技理科の補充問題作成に着手できました!近いうちに更新できると思いますので、期待して待って頂いていたみなさん、もう少しだけお待ち下さい。

さて、それではそろそろ保護者会&授業に出かける準備をします

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)

担当授業を休む

2016-10-28
体調が最悪だった9月に比べると随分回復しましたが、やはりまだ体調が完全に回復しません。とはいえ授業は絶対に手は抜きません。10月度は中2Vコース生は合同の証明でした。私は独自の「チェックテスト」をしますが、証明のチェックテストは白紙状態から全書きさせるテストを行ったため、再テストも含めて約500枚近い採点をしました。それもあって、どうしても塾技理科の補充問題が進みませんでした。。。

実は、数年前、渋谷教室勤務で体調が最悪の時期があり、授業中に1度倒れたことがあります。その時は、朝から家で何度か倒れ、最後は救急車を呼ばれて病院に運ばれ、それでも授業は絶対休みたくないと行ったときでした。

冠婚葬祭や自分以外の特別な緊急な用事などを除いて私が授業を休むときは、私が一歩も動けなくなったときだと思います。渋谷教室時代の体調が最悪だった時期に一度あります。その日は電車の中で突然倒れ、それでも渋谷駅までたどり着いたのですが、駅を出るとまたすぐ倒れ、結局、教室までたどりつけないと判断して電話をかけ休みを頂きました。帰りは妻に渋谷まで迎えにきてもらい、身体を支えてもらって家まで何とかたどり着きました。

私は「一度任されたことは何が何でもやり通す」という信念というか意地の持ち主です。でもそれは自己満足であり、家族にとってはたまったものではないですよね。それもよくわかっています。

でも、信念を持ってそれを貫くことはとても大切であり、人間を大きく成長させるのではと思っています。信念の中身は何でもいいのです。ただそれを教えるのはやはり親の背中ではないでしょうか。このブログをお読み頂いているお母様やお父様には、言葉ではなく背中でお子さまに自分なりの信念をもつ手助けをしてあげて欲しいと思います。

特に入試前はお子様、ご両親共々、心身共に疲労します。それでも、そんなときだからこそ信念を持って接してあげて下さい。必ず子供には伝わりますよ。

子供は親の背中を見て育つと言いますが、それは本当です。私は授業をするとき、生徒達が私の背中から少しでも何かを感じてくれればいいなと思いながらするようにしています。

明日はZ会の保護者会があります。いつもより朝が早いので、今日は私もいつもより早く寝たいと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)

体調不良2

2016-10-06
前回の更新から1週間が経ちました。
体調はといいますと、胸の痛みはかなり治まり、味覚は完全に戻りました。
ただ、寝汗と風邪の症状がまだおさまらず、左耳は半分位聴覚を失ったままです。

聴覚が衰えると困るのは、生徒に発問したときの生徒の答えや、生徒の呼びかけをひろいにくいところです。

よく、授業中計算ミスや板書ミスをすると一部の生徒がざわつき、それによって自分のミスに気付くことがあります。

そういった声もできる限り落とさないよう、今はいつも以上に1回1回の授業に集中して生徒の声を拾うようにしています。

今は左耳は半分位聴こえますが、一時は全く聴こえませんでした。でも、実はその世界を体験できてよかったと思っています。

私には今年生まれた双子の上に4才の息子が一人います。息子は先天性の小耳症で、左耳がほとんどなく、当然聴力もありません。

所詮私の場合、一時的な症状で、息子の世界・苦しみは全くわかりませんが、不便さを垣間見ることはできました。

昨日は補充問題を探して入力しようと思っていましたが、塾技数学の質問メールを頂き、その対応で体力が精一杯でした。

今日はこれから夜の授業に備えてまた体を休めようと思います。
来週くらいから、補充問題を再開できればと思っています。

生徒さんはもちろん、親御さんも無理をせず、体調にはお気を付け下さい。ここから入試まではあっという間です。特に中学入試の場合は合格を左右する最後のサポートは親御さんにしかできません。皆さんが健康で、これからくる大きな試練に立ち向かえることができるように祈っております。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)


プロフィール

数学研究所

Author:数学研究所
「塾講師が公開!わかる中学数学」のサイト運営者。
受験生を第一志望合格へ導きます。

 <高校入試 塾技シリーズ>
   2011年10月1日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <中学入試 塾技シリーズ>
   2013年8月3日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入
  
   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック