FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出版社との打ち合わせ

2014-03-28
話しは出版社からの突然のメールから始まりました。

「○○出版の者です。是非とも○○をテーマに森様に中学数学の指南書をご執筆頂きたいと思いメール致しました」

そしてついに先日詳しい話を聞くために担当の副編集長とお会いしてきました。

ところがそのテーマについて詳しくお話をきくと、おもいっきりZ会の授業方針(私の昔からの方針でもあります)と異なるテーマ・・・。

テーマの内容まで詳しくはかけませんが、Z会の方針は、勉強を通して生徒の自立心を養う。そうしなければ高校入試は成功しないし、入試の意義もそこにあるというものです。その方針と今回のテーマが食い違っていたのです。

多少、意にそぐわないものでも出版したいという方はいるかもしれません。でもここを崩してしまうと何か根底から崩れるような気がして、結局今回のお話はお断りしました。

ただ、提示されたテーマには実際に現在売れている本のデータの裏付けがあり、編集の方は、いろいろなデータを集めて見せてくれました。

興味深かったのは、全国の紀伊国屋書店の売り上げ部数の合計を20倍すると、その本のおおよその売り上げ部数がそわかるというもの。

実際に、私の塾技100の売り上げ部数はほぼそのデータ通りでした

それらのデータや売り上げから見られるニーズの動向、今回お話し頂いたテーマの裏にあった編集サイドの思いをきき、私にあるアイデアが浮かびました。

「このアイデアが具体化できれば、今までに存在しない全く新しいタイプの参考書ができる!」

ここ1週間ずっと企画を練り、ようやく形ができたので、早速編集の方に見てもらいました。

すると、「是非、検討させて欲しい」とのことでした。

ただ、最初にお話を頂いたテーマはすでに社内の企画会議を通過したものでしたが、今回のものは出版社側からしたら全く予期していなかったもの。

「企画会議にかけたいのでお時間を欲しい」

ということになりました。

企画が通るのか通らないのか、あと1週間ほどで返答を頂ける予定です。

一体どうなるのか、ちょっとドキドキものです。

結果がわかりしだいお知らせしたいと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 人気ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります!
   いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

数学研究所

Author:数学研究所
「塾講師が公開!わかる中学数学」のサイト運営者。
受験生を第一志望合格へ導きます。

 <高校入試 数学 瞬解60>
   2018年8月22日発売
    
   amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <高校入試 塾技シリーズ>
   2011年10月1日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <中学入試 塾技シリーズ>
   2013年8月3日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入
  
   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。