FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理科の入試問題傾向と補充問題の始動!

2016-03-16
高校入試塾技理科80の初校原稿チェックの1~40が本日朝6時ごろ終了!
とはいえ、まだまだ先は長い・・・。

今日は、次の原稿が送られてくる間のほんのひとときの休日でしたが、結局朝7時に就寝後、10時に起床。

一体何を始めたのかと言いますと、ブログタイトルにある塾技理科補充問題の作成です。

実は、塾技数学以上に、この補充問題が重要な役割を担ってきます。
それには2つの理由があります。

1.最近の入試における理科の入試問題の長文化。
2.他教科と比べ出題傾向が変わりやすい

まず1ですが、最近の入試問題は、問題文が丸々2ページにわたってぎっしり書いてあることがざらにあります。

通常の市販の問題集を見るとわかりますが、過去問を除き1問を見開き2ページに渡って出題しているものなどまずありません。

これは6月発売予定の塾技理科も例外ではありません。

一つの方法としては、塾技理科を要点編と問題演習編の2冊に分けて出版するという手もありました。

でもそれではどうしても負担が増えてしまうことと、理由2が解決しないことから行いませんでした。

そこで、通常の市販の問題集では掲載できないような長文の入試問題を中心に、補充問題を作成することにしました。

本の校正作業の合間にさらに補充問題の作成、果たしてどこまで体がもつか一抹の不安を覚えますが、私の著書をご購入してくれた一人でも多くの生徒が合格を勝ち取ることができるよう、やれるだけやりたいと思います

本日作成したものがありますので、是非、ご覧下さい。

塾技51地震 補充問題

平成27年度の北海道の入試問題です。難問過ぎず、とはいえ計算も入り差がつきやすい1題と言えます。
どうですか?これを市販の参考書に掲載する場合、どうしても問題の一部を削除する必要が出てきます。でもそうすると、実際の入試における問題を読むスピードが養われません。

あ、言い忘れていましたが、塾技理科の難易度は、塾技数学ほど高いレベルではありません。
とは言え、私立や国立で出題される理科の内容も多数入れていますので、決して基礎ではありませんが、塾技数学よりは幅広い層向けと言えます。少なくとも中学校で理科の成績が4以上であれば、十分本書に取り組めると思います。(塾技数学は、中学校の数学で5をとっている生徒でも場合によってはきついです)

というわけでして、今後も本の校正作業と共に補充問題の作成も行っていきますので、ご期待ください。

※前々回のブログでかきました紙面の工夫ですが、それをお見せできる原稿が出版社の方からまだ出来上がっておりません。今手元にある原稿は、言ってみれば下書きのようなもので、お見せしてもよくわからないと思います。お見せできる段階になりましたら、すぐにお見せしたいと思いますので、今しばらくお待ちください。

発売まで、もしかしたら何かが起き、発売未定ということになる可能性もございますが、経過を見守って頂けたらうれしいです。


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 人気ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。
   いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

数学研究所

Author:数学研究所
「塾講師が公開!わかる中学数学」のサイト運営者。
受験生を第一志望合格へ導きます。

 <高校入試 数学 瞬解60>
   2018年8月22日発売
    
   amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <高校入試 塾技シリーズ>
   2011年10月1日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <中学入試 塾技シリーズ>
   2013年8月3日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入
  
   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。