FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校入試理科塾技80の見本と工夫

2016-04-10
春期講習も終わり、送られてきた初校原稿チェックも終わり、今日からZ会の本科4月度が開始。
そしてまた今日の夜、新たな初校原稿が出版社から送られてくる・・・
「ブログを書くのは今しかない!」ということで更新しました。

実は、前回送られてきた初校原稿で、やっと高校入試理科塾技80の紙面の工夫をお見せできることになりました。

高校入試理科塾技80は、1分野40+2分野40合計80の構成です。塾技数学との大きな相違は,塾技理科では中学3年間で学習する理科の内容を1冊で完全網羅していることです。

塾技数学では、塾で教えている内容のうち学校では通常教えてくれない内容に絞ったため、例えば標本調査など全く触れていないところがあるのに対し、塾技理科では学校でも教わる内容(当然塾でも教えます)は全て網羅しつつ、随所に塾独自の内容を入れています。

高校入試の理科は数学と異なり、基本はあくまで教科書の内容。つまり、塾オリジナルの技というものは数学ほど多くありません。本書は「塾技」とうより、「本質の追及」といった方がより正確に内容を表していると思います。

1冊でどうやって中学3年間の内容を網羅しつつ、塾独自の内容、つまり本質の理解までさせる本をつくったらよいのか。悩みに悩みました。

そこで私の出した答えは、
1.要点の紙面を縦に分割し、説明と図・表を1ページで上手く対応させる
2.巻末に各塾技の用語チェックを作成する

でした。

1ですが、まずはこちらの見本をご覧ください(校正用の原稿のため実物とは色がかなり異なります)。
校正前なので、ミスがあります。さて、中2・中3生のみなさん!わかりますか?

↓(クリックで開きます)
見本rika-mihon1.jpg

この形のメリットは、説明と図が隣同士でリンクしているため、理解しやすく印象にも残りやすいこと、テストや入試前の要点チェックとしてとても使いやすいことです。

次に2ですが、先ほどの要点の見本は、例えば「分解」や「熱分解」とは何かを知っているという前提で書いています。このような基本的な言葉の説明にまで紙面を割いていたら、とても1ページで内容を全てカバーできません。ちなみに、この1ページで東京書籍「新しい科学2年」の教科書7ページ分の内容です。

逆に、塾技解説では「吸熱反応」という学校では習わない、塾独自(高校の化学で学習)の言葉が出てきます。なぜ化学反応には反応中ずっと加熱が必要なものと、必要でないものがあるのか。その本質を理解することで、公立高校で正答率の悪い1題や、難関国私立高校で出題されるような理科にも対応できるようになるわけです。ところが、この内容は「とりあえず学校のテストだけできればよい」「本質まで理解できなくても点がとりたい」という生徒にとっては不要です(当然、それではいけないのですが・・・)。
いわゆる入試の重要事項は1ページで完結させ、それ以外の基本的なことや、逆に本質的なことを独立させる。そこで考えたのが、次の「用語チェック」なのです。

↓(クリックで開きます)
見本rika-mihon2.jpg

この用語チェックの存在が、他の参考書と決定的に違うところです。

1の見本は見開きの左ページに、その右ページには塾技チェック問題と入試問題という構成は、塾技数学と全く同じです。そして左ページの塾技に出てくる用語を「用語チェック」として各塾技ごとに巻末に掲載したわけです。
この形であれば教科書レベルが理解できている生徒、つまり通知表で4以上の生徒なら誰でも取り組め、高校入試合格は当然、高校で学ぶ理科と中学で学ぶ理科の大きなギャップをうめる役目(→理科嫌いをつくる中学の教科書も果たします。

そして無料補充問題。塾技理科ではこれがとても大切になります。
理由はこちらの記事を。理科の入試問題傾向と補充問題の始動!
校正作業と並行して補充問題も何とか進めています。80ある塾技のうち、少なくとも30位は発売と同時にホームページ上に掲載し、残りは発売後、随時更新していきたいと考えています。

現在、高校入試理科塾技80の初校原稿チェックとその補充問題、中学入試理科塾技100の初校原稿チェックとそのご予約特典、そして何より大切なZ会の授業を全て並行して行っており、正直結構きつい・・・
是非パワーのみなもととなる応援クリックお願い致します

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

数学研究所

Author:数学研究所
「塾講師が公開!わかる中学数学」のサイト運営者。
受験生を第一志望合格へ導きます。

 <高校入試 数学 瞬解60>
   2018年8月22日発売
    
   amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <高校入試 塾技シリーズ>
   2011年10月1日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <中学入試 塾技シリーズ>
   2013年8月3日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入
  
   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。