FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の高校入試数学の問題に見られた世相

2011-10-21
今回は今年行われた高校入試の数学の問題に見られた世相について簡単にお話したいと思います。

実はこのブログを書く直前まで、塾技100の「無料補充問題」を作成していました。
今日ホームページにアップしたのは「2円の問題」という高校入試では非常によく出る分野の1つです。「塾技70 2円の問題」を一度是非ご覧ください。
この「2円の問題」では図を非常に多く用いて解説しております。
その為、Z会の授業が終わり家に帰ってから、こんな時間(朝6:30)まで作成に時間がかかってしまいました。
でもブログのトップが、前回のブログ“「塾技100」ご購入の際の緊急のお知らせ”のままではいけないと思い、ブログを書き始めた次第です。

塾技100補充問題作りには主に今年及び昨年出題された入試問題を使用しております。
入試問題には様々な世相が表れるものです。
例えば今年の入試問題では、千葉県でアナログテレビとデジタルテレビの大きさの話が出題され、山口県でもテレビ画面の大きさの出題が見られました。
また、おもしろいのが兵庫県。ここでは電話料金の料金プランの話が出題されました。
Aプラン・Bプラン・Cプランとまるでどこかの電話会社のコマーシャルみたいです。
さらに、大分県では照明の明るさの話がでました。
白熱電球・蛍光灯・LED電球の話です。
このように、実は数学の問題もいろいろな世相を反映した問題が出題されることがあります。

世相を反映と言えば、これは授業での出来事ですが、なんと今の生徒は“峠”という言葉を知らない生徒が多いという事実が判明致しました。
方程式の文章題の授業で「A町から峠までは~…」という問題があり、生徒から
「峠ってなんですか
という質問があったのです。
これは思ってもみない質問でした。
そして、生徒に
「“峠”という言葉を知らない人は手を挙げて」
と聞くと、なんと22人中5人が知らなかったのです。
現代の道路は舗装され、整備が進み、“峠”というものを通らなくなってきているため、知らない生徒が増えてきたのでしょう。
しかし入試問題の出題者は我々おじさんです(笑)
そんな事情は知らずに出題してきます。
もし“峠”という言葉を知らないと、先ほどのような問題ではイメージがしにくく、それだけで解くのが非常に難しくなってしまいます。
世相を反映した入試問題といい、“峠”の例といい、入試問題を解くには数学的な能力だけでなく、現代の世相や語彙力も実は大切になってきます。
これらを育てるのには、家庭での会話が一番です。
「勉強しなさい!」
だけでなく、世の中の動きなどを日常会話に盛り込んでいってほしいと思います。

追記:「塾技100」は、Amazonでは相変わらず入る在庫が少なく、在庫が入っては即完売してしまうという状況が続いているようです。
ご購入をしたくてもすぐに手に入らない場合もあり、ご迷惑をおかけして申し訳ございません


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 人気ブログランキングへ
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。
   クリックしてくれる方、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

数学研究所

Author:数学研究所
「塾講師が公開!わかる中学数学」のサイト運営者。
受験生を第一志望合格へ導きます。

 <高校入試 数学 瞬解60>
   2018年8月22日発売
    
   amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <高校入試 塾技シリーズ>
   2011年10月1日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <中学入試 塾技シリーズ>
   2013年8月3日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入
  
   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。