書籍化へ向けてついに動く!

2017-03-21
本日、出版企画を打診していたS出版から連絡がきました。

「是非ご一緒させていただければと思います」

という良い返事をいただきました

ただ、以前の記事でも書きましたが、S出版は学習参考書にはまだ参入していません。そのため、実際に学習参考書の販売に参入するには、多くのハードルがあるということです。

そして私の方も、「今までに似たような本が存在しない、全く新しい本の作成」というチャレンジが始まります。

今後も随時、状況をお伝えしたいと思いますので、応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)

書籍の印税収入

2017-03-21
今回は印税収入について話したいと思います。

以前、印税は1冊売れても缶ジュース1本分にも満たないと書きましたが、学習参考書の印税の相場は、1冊当たり価格の6~8%が基本です。

これは、小説などの印税(1冊あたり10%)と比べると、かなり安いです。

出版社によると、学習参考書は図版や特殊な数式が多く入るため、小説などよりも印税は低くなるということです。

そうすると、1冊あたり定価1000円で、印税は60円。15000部の大ヒットで90万円ということになります。

つまり、大ヒットする本を1冊出版すると、年間1万~1万5千部前後、印税として100万円前後となります。

しかし、大ヒットする本を作成することは容易ではありません。

生徒には半分冗談で言うのですが、「夢の印税生活」を送るには、大ヒットの書籍を8冊位出版できれば可能となります。

でもここで、著者によって収入のための本作りに走るか、1冊1冊に生徒の顔を想像した本作りにこだわるかが別れるのではないかと思います。

この業界、年間3~5冊位のハイペースで書籍を出版している方が多く見られますが、経験上、本当によいものを作るには年間1冊、睡眠時間を削って(講師であれば授業日数も削って)どうにか2冊が限界だと思います。

おかげ様で塾技シリーズは異例の大ヒットとなりましたが、2011年に数学が書籍化され、合計6年間で4冊出版が限界でした。

しかもその分、Z会での授業日数を減らしたので、年収としては同年代のサラリーマンの平均年収よりもかなり低いと思います。(国民年金で1/2の減額制度の対象となっています)

ここでかん違いしないで欲しいのは、私も出版する以上、印税が多く入って欲しいですし、印税が多く入ることを一つの目標としています。

ただ、とことん内容にこだわり、自分が納得できる書籍を作る。その結果として印税が入る。

それが私の本作りや印税に対する考え方です。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)













企画の郵送

2017-03-19
本日、数学ではなく理科の企画をかんき出版という出版社に郵送しました。

よく企画を送ったら返事がもらえるまでに1か月はみるということをききますが、私の感覚では1週間以内になにかしらの返信が来なければ、企画はダメだったということだと思います。

企画が出版化されるには、その企画がよいことはもちろんですが、それ以上に、タイミングが大切なんだと思います。

例えば数学の参考書で良い企画があっても、既に数学の参考書の出版計画がいろいろ決まっている場合、その出版社から書籍化はできません。

いわゆる「ご縁」というものですね。

ここで現在の状況をまとめると、

1.朝日学生新聞社からの検討結果待ち(数学)
2.S出版社の返答待ち(数学)
3.かんき出版の返答待ち(理科)

となります。2のS出版の返答は、連休明けにはもらえると思いますので、その結果しだいで次の出版社に企画を送ろうと思っています。

仮に企画が通っても、その後は原稿の作成が待っています。1冊の本を世に送り出すのは、名もない一介の講師にはかなりのハードルです。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)


出版社からの連絡③

2017-03-18
KADOKAWA出版にその後どうなったかを問い合わせたところ、返事を頂きました。

「当該企画について検討させていただきましたが、今件につきましては別企画との兼ね合いもあり遠慮申し上げます。ご要望に沿えず大変心苦しく存じますが、なにとぞご了承のほどお願い申し上げます。」

残念ながら企画は通りませんでした

でも、返事をいただきすっきりしました。

次は、一度、知り合いの出版社の編集の方に打診してみようと思います。

その出版社は、まだ学習参考書は出版していないのですが、将来的には参入していきたいとのことで、以前、相談を受けたことがあるところです。

販売戦略に関わるでしょうから企業名は出せませんが(誰もが親会社の名前をきくと知っている企業で、ここではS出版とします)、私としてはこういう新規参入を考えているようなS出版と共に考えてやっていきたいのです。ただ、なにせまだ学習参考書に参入していないだけに、参入にはもっと名の売れた販売効果の高い著者を探すのではないかと思うので、きっとだめだとは思います。

S出版の編集の方とは何度かメールをやりとりしたことがあるので、来週中には結果がわかると思いますので、その時またご報告したいと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)

出版社からの連絡②

2017-03-17
朝日学生新聞社から見本原稿が到着した旨の返事を頂き、少し時間がかかるかもしれないがじっくり検討してみたいとの言葉も頂きました。後はじっくりと検討の結果を待ちたいと思います。

他の企画を送ったKADOKAWA中経出版、ペレ出版、明日香出版からは今のところ特に連絡はなく、今日、その後どうなったかをKADOKAWA出版に問い合わせをしてみました。これで連絡が無ければだめだったということでしょう。

企画を送っても、不採用の場合全く連絡がなく、採用の場合でも1か月後位に突然くるのが普通みたいです。

同じ企画を同時に複数社に送ることはマナー違反だと思いますので、1か月位して連絡がこなかったらだめだったと考え、また別の出版社に企画を送って1か月は待つという実に根気がいる作業になります。

ただ、今回は特に企画を受け付けていると明言していない出版社に突然メールで企画を送ってしまいましたが(よく朝日学生新聞社が取り合ってくれたものです)、その後いろいろ調べてみると、企画を募集している出版社も数多くあることがわかりました。

もし、ブログ読者の方の中で、「こんな本を作りたい」と思う方がおりましたら、出版企画書を書いて出版企画を募集している出版社に送れば、書籍の出版も可能となります!

ただし注意が必要なのは、出版には商業出版と自費出版があるということです。

商業出版は出版にかかる費用は出版社が負担し、著者は印税を受け取る形になります。

これに対し自費出版は、書籍の売り上げがそのまま自分のものとなりますが、出版にかかる費用や書籍の書店への流通など自分で行うことになります。

私の場合、塾技シリーズは商業出版です。商業出版は、出版社の方で「売れる」と思わなければ出版されないので、知名度のない者にとってはハードルが高いです。塾技の場合、既にそのもととなる本を自分で手作業で作成し、運営サイトで販売していたため、出版化がしやすかったのかもしれません。

今後は出版社からの連絡を待ちつつ原稿をすすめ、連絡がこなかったら出版企画を募集している出版社へと企画を打診していこうと思います。

動きがありましたらすぐにお知らせしますので、経過を見守ってやって下さい。

※ここから先はひとりごと!

出版社の倒産や出版業界・書店の衰退をよく耳にしますが、私の意見は「当たり前」。

まず、出版社で言うと、企画を送っても一切無視するところが多い。
本当にベストセラーを出したければ、アンテナをもっと広く張るべき。

名前だけ先行し、実際に本作りは編集者まかせの有名人の著書が多過ぎ。(よいものを作るには、年間2冊が限界であり、年間3冊以上出版し、さらに講師や塾の運営をしている人は睡眠時間は0時間のはず??)

書店はもっとネット情報を集め、中身を自分の眼でみて良い本を消費者に紹介すべき!
有名な著者が書いた(ゴーストでも)本を紹介するだけなら誰でもできる。

書店への配本が問屋制(いつの時代じゃーーー!)。今のデジタル化の時代、意味不明。

この業界は、システムを根本からくつがえす改革者が出現すると、大きく変わるはずである。
この業界の人のコメントが欲しいです。



にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ 
↑ ↑ 応援クリックお願いします!記事を書く大きな励みになります。

人気ブログランキングへ
いつもクリックしてくれる方、ありがとうございます

高校入試 数学の対策は全て数学研究所におまかせ!
(↑ リンククリック!)


プロフィール

数学研究所

Author:数学研究所
「塾講師が公開!わかる中学数学」のサイト運営者。
受験生を第一志望合格へ導きます。

 <高校入試 塾技シリーズ>
   2011年10月1日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入


 <中学入試 塾技シリーズ>
   2013年8月3日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入
  
   2016年7月8日発売
    
   Amazonで購入
   楽天ブックスで購入

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック